輸入車(外車)へのINSTALL!!

importCAR.jpg

 

映画の中だけの話ではありません‼

ハイテク化が進んだ近年の輸入車(外車)も、プロなら簡単に盗めます

そもそも最先端手口のリレーアタックやコードグラビングも海外発祥ですし、

日本で一番売れているレクサスやトヨタ車と比べると全体の台数が少ないので

盗難車種の上位には上がってこないだけで輸入車も多数盗まれています

特にBMWベンツポルシェなどのドイツ車が狙われているようです。

また、残念ながら妬まれやすいのでイタズラや車上荒らし被害も多く、

高級車ならなおさら、セキュリティでの防犯対策は必須と言えます。

 

当社なら輸入車セキュリティも大歓迎‼

輸入車へのセキュリティインストールは、国産車とは難易度が段違いで

輸入車のデジタル系統のノウハウが必須なので一般的には不可能ですが

当社では、難易度の高い高年式輸入車へのセキュリティも大歓迎です!

特に欧州車は、ディープスリープ時のシビアな電圧管理が求められるため

当社では、消費電力の高いVIPER・CLIFFORDやDBALL・DS4ではなく

省電力かつ信頼度の高いドイツ製のCANBUSインターフェイスと、

待機電流15mA以下の高精度なユピテルGrgoをオススメしています。

もちろん最強イモビライザAUTHOR IGLA2も多くの輸入車に適合します。

取付不可な車両も一部ありますが、ぜひ一度お気軽にご相談ください!

 

benz.jpg

 

bmw.jpg

 

audi.jpg

 

porsche.jpg

 

landrover.jpg

 

bentley.jpg

 

maserati.jpg

 

ferrari.jpg

 

lambo.jpg

 

alfa.jpg

 

volvo.jpg

 

cadillac.jpg

 

dodge.jpg

 

ford.jpg

 

tesla.jpg

 

リレーアタックコードグラビング.jpg

 

問い合わせバナー.png

 

※重要※

輸入車へのセキュリティ取付に必要なCANインターフェイスは、車両の個体差

(各ECUの生産ロットやバージョン等)に左右されるデジタルデータに依存するため、

稀に、一部機能が正常に動作しない場合や、動作が不安定になる場合があります。

これは現車に取付するまでわからないので、万が一、動作が不安定の場合でも、

料金が発生することがあります。(当然ながら値引きさせて頂きます)

また正常に動作しても、後日ディーラー様などでECUアップデートなどをされると

CANデータやIDが変わってしまい、機器が正常に動作しなくなる事例もあります。

この場合は保証対象外となるため、ディーラー様へご入庫の際はご注意ください。

これらの点を十分ご理解頂いた上で、ご成約(ご依頼確定)となります。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。