レクサス&トヨタ専用ページ

トヨタレクサス専用.jpg

トヨタ&レクサスが狙われています!!

すでにニュースやワイドショー等で話題のリレーアタック以外にも

コードグラビングというスマートキーを複製してしまう新たな手口で

日本中のトヨタレクサス車が、かなりの台数盗まれています!

具体的にはプリウスやハイエース、ランドクルーザーを筆頭に

アルファード&ヴェルファイア、エスクァイア、ハリアーやプラド、

新型ハイラックスやRAV4、レクサスLSやLX、RX、NXなどなど、、、

これらの車は、東南アジアなどを中心に海外では超高額で売れるので

最新機器を持ったプロの窃盗犯(=反社会的勢力)が盗みに来ます。

この場合に限っては、VIPERやHORNETはほぼ無意味と言えます。

 

カーセキュリティ業界のタブー⁈

基本的には、リモコン付きの社外セキュリティさえ付けていれば

セキュリティは解除されないのでエンジンは始動されません。

これは社外セキュリティのイモビライザ機能が働いているからです。

※この機能も、横着して割愛しているショップもあるので要注意です‼

すが特に近年のトヨタ&レクサス車は、社外セキュリティで

不正なエンジン始動を完全に防ぐことは難しいのが現状です。

不可能とまでは言いませんが、通常より多くの日数が必要ですし

その分費用も多く頂かなければ、ショップ側も商売になりません。

こまでの高額・高次元なインストールがされてない限りは、

国内のトヨタ&レクサス車はセキュリティ取付車両もすべて

リレーアタックやコードグラビングで自走で盗むことが可能です。

※特殊な情報のため詳しくは書きません、お問い合わせください。

実は、セキュリティ屋さんでも大半はこの事実を知りません。

取付する商品や車のことを誰よりも知ってなければならないのに

知識面でショップが犯罪者に負けている事もあり得るのが現状です。

そして、知っていても今更言えないというショップもあります。

このような現状が許されていいはずがありません

 

レクサス&トヨタ車の防犯対策は当社で!!

当社が完璧なリレーアタック対策・コードグラビング対策として推奨する

AUTHOR商品は、不可能とされていた車両のデジタル制御が可能になります。

特に、AUTHORのデジタルイモビライザIGLA2をインストールすれば

リレーアタックやコードグラビング、イモビカッター等を使用されても、

極論スマートキーを奪われても自走で盗まれることは絶対にありません

車両の信号線を一切カットすることなく、愛車を完全に守ります。

完全なデジタル商品なので汎用ではなく「適合車種」がありますが、

上記の盗難被害に遭いやすいトヨタ&レクサスすべて適合OKです!

このAUTHOR商品には警報サイレン等のセキュリティ機能はないので

イタズラや車上荒らし対策も考えるなら、Grgoとの併用がオススメです。

併用するなら、スマートキー連動モデルのGrgoを選んでも安心なので

リモコンも増えませんし、今まで通りのドアロック操作でOKです。

不可能とされていた高度な防犯性能と利便性の両立が可能になります!

 

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

 

importCAR.jpg

 

link.png