レクサス&トヨタ専用ページ

 

ouhyg.png

トヨタ&レクサスが狙われています!!

特にトヨタ/レクサスは、キー電波を悪用するリレーアタックよりも

最近ではコードグラバーというキーを複製して盗むという手口や

車両のデジタル系統に直接アクセスして盗むCANインベーダーなどで

日本はもちろん世界中で、かなりの台数が毎日盗まれています!

具体的にはプリウスやハイエース、ランドクルーザーを筆頭に

アルファード&ヴェルファイア、グランエース、ハリアーやプラド、

ハイラックスやRAV4、GRヤリス、レクサスLSやLC、LX、RXなどなど…

これらの車は、中東や東南アジアなど海外では高額で売れるので

専用機器を持ったプロの窃盗犯(輸出ルートを持つ組織)が盗みに来ます。

手口について詳しくは「最先端の盗難手口‼」をお読みください。

本当に恐ろしい時代になってきています!

 

 

ouhiy.png

カーセキュリティ業界のタブー⁈

基本的には、社外の「リモコン付きセキュリティ」を付けていれば

不正には解除できない(ちゃんと付けてれば)ので自走では盗まれません。

これは社外セキュリティのイモビライザ機能が働いているからです。

GrgoやPanthera、VIPERやCliffordなどの社外のセキュリティは

純正の配線をカットして制御するアナログイモビライザ方式ですが

近年のトヨタ&レクサス車は、このアナログのイモビライザ機能では

不正なエンジン始動を100%完全に防ぐことは難しいのが現状です。

不可能とは言いませんが、100%にするには作業も大掛かりになり

費用も日数も多く頂かなければ、ショップ側も商売になりません。

また、そもそも純正の配線をカットするということは、場合によっては

本来の状態を改変するので新車保証の取り消し等のリスクもあります。

そして、電子機器である以上は故障する可能性も少なからずある中で

万が一配線をカットして割り込んでいる商品が故障した場合は

車両にエラーが出るだけでなく車が動かなくなる可能性もあります。

そんなリスクをかえりみない高額インストールがされていない限り、

特にトヨタ&レクサス車は、リモコン付きセキュリティ取付車両も

コードグラバーやCANインベーダーで自走で盗むことが可能です。

ちなみに最近話題の新型ランドクルーザー300の指紋認証機能

すでに突破され日本国内でもどんどん盗まれているのが現状です。

実は、これを理解していないセキュリティ屋が結構ありますし

知っていても今更言えないというショップも多分あります…

 

 

oiytum.png

レクサス&トヨタ車の防犯対策は当社で!!

上記のようにリスクを抱えつつ不便で無駄に高額なプランは

当社ではお客様のご指定でない限りは一切行っていません。

もちろんすべてはインストールする人間の腕によりますが

基本的には便利で安定していて「無駄に」高額ではない方が

お客様にも当社にとっても良いに決まってると思います。

そこで完璧な盗難対策として当社が推奨するAUTHOR ALARM商品は、

不可能とされていた車両のデジタル制御が可能になります。

以下はトヨタ/レクサスに限ってのインストール仕様になりますが

IGLA及びIGLA ALARMなら、リレーアタックやCANインベーダーでも

極論スマートキーを奪われても、自走で盗まれることはありません

またコードグラバーは根本的に不可能になり侵入すらされません

そして盗難被害&被害未遂車両は、指紋などの証拠隠滅のために

犯人が車内に消火器を撒いて逃げたという事例もよく耳にしますが

KEYLESS BLOCKを追加すれば、そもそもリレーアタックはもちろん

CANインベーダーでも侵入される事はありません。(一部車種除く2021.9~)

完全なデジタル商品なので汎用ではなく「適合車種」がありますが、

盗難被害に遭いやすいトヨタ&レクサス車はほぼすべて適合OKです!

ただしIGLAやKEYLESS BLOCK単体では「警報機能」はないので

イタズラや車上荒らし対策も考えるなら、Grgoとの併用も効果的ですし、

AUTHOR ALARMの新商品IGLA ALARMならすべて良いとこ取りできます!

不可能と思われていた高度な防犯性能と利便性の両立が可能になります!!

上記を踏まえてこちらをチェック!!

 

 

 

 

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

 

importCAR.jpg

 

問い合わせバナー.png