AUTHOR ALARM / IGLA ALARM

iglaalarm.png

  

最強のIGLA機能も備えた最先端デジタルセキュリティ‼

IGLAやKEYLESS BLOCKで着々と知名度を上げるAUTHOR ALARM社から

最先端のデジタルアラームシステム”IGLA ALARM”が誕生しました!

Grgo 1Vs等と同じ”スマートキー連動セキュリティ”ですが、他製品とは違って

最強イモビライザIGLAの盗難防止機能が標準搭載されているアラームです。

 

ドアセンサー:全てのドア&トランク開きを検知して警報

ボンネットセンサー:ボンネット開きを検知して警報(一部車種はオプション)

イグニッションセンサー:不正なイグニッションONを検知して警報

2段階ショックセンサー:衝撃の強弱によって警報/警告

チルト(傾斜)センサー:ジャッキアップ等による車両の傾きを検知して警報

モーションセンサー:牽引や手押しでの車両の動きを検知して警報

IGLAイモビライザ:部外者には一切自走できません!詳しくはこちら

専用キーフォブ2個付属:IGLA機能の認証に必要な小型デバイス付き

純正スマートキー連動:スマートキー操作に連動して警戒/解除できます 

 

利便性はノーマルと変わらない便利なスマートキー連動セキュリティで、

リレーアタックコードグラバーCANインベーダー等でアンロックされても

IGLA機能が待ち構えているため自走で盗まれる事は一切ありません!

すべての不正なドア/トランク/ボンネット開きを検知し警報するだけでなく

一般的カーセキュリティ機器のおよそ10分の1以下の超小型ボディに

2段階ショックセンサーチルト(傾斜)センサーモーションセンサーも内蔵。

車上荒らしやホイール盗難、牽引や手押しでの盗難にも対策できます!

IGLA同様に車種それぞれの専用プログラムを書き込みしてインストールします。

もちろん完全デジタル制御なので精度も良く、当然エラーも一切入りません!

もちろんKEYLESS BLOCKAUTOSTARTとも併用可能です。

 

 

ドアロックに連動してIGLA ALARMも警戒開始しチャープ音が鳴りますが

警戒中(駐車中)に何もなければアンロック時はチャープ音は鳴りません。

このあたりは従来のスマートキー連動セキュリティとは少し違います。

 

 

↑この動画のように、駐車中にIGLA ALARMが異常を検知した場合は

・1回 弱衝撃(警告)/強衝撃(警報)/傾斜(警報)/モーション(警報)

・3回 ドア開き(警報)/トランク開き(警報)/ボンネット開き(警報)

・5回 不正イグニッションON(警報)

内容によって上記の回数だけアンロック時にサイレンが鳴ります。

 

 

万が一、リレーアタックやコードグラバー、CANインベーダー等で

アンロックされてアラーム機能が突破されてしまったとしても

IGLAイモビライザ機能があるので自走で盗まれる事はありません↓↓

リレーアタックやCANインベーダーなどでエンジン始動されても

部外者がシフトを動かした時点でエンジン強制停止するので

オーナー様以外は走り出すことが一切できません!

※車種により動作仕様は多少異なりますが全車自走はされません。

 

 

専用キーフォブを持つオーナー様のみ、普通に走り出せます。

キーフォブを持って車に近づくだけで自動でオーナー認証され

純正アラームインジケータの点滅で認証完了をお知らせしてくれるので

特別な操作は一切不要で愛車をバッチリ守れます。

 

 

「Grgo 1Vs+IGLA」の組み合わせと何が違うのか?

日常の使い勝手で言えば「Grgo 1Vs+IGLA」の組み合わせとほぼ同じですが

Grgo 1Vs+IGLAよりIGLA ALARM単体の方が少しお安く施工でき、

傾斜センサーとモーションセンサーも標準で搭載されます。

また、CANやLIN等の車両デジタル系統にアクセスし制御を行うので

車両の配線を一切切断する事なく盗難を防ぐことが可能です。

業界最小の超小型ボディなので、窃盗犯に発見され切られる事もまずありません。

そのかわり、もちろん使用に問題のあるレベルではありませんが

ショックセンサー等の検知精度は正直Grgoの方が上ではあります。

また、IGLA ALARMは、Grgo等のようにアンサーバックリモコンの追加や

マイクロ波センサーなどは今のところ追加することはできません。

 

 

高品質ステンレススキャナー 工賃込¥22,000税込

 

 

AUTHOR商品の取付には、日本車を含む各メーカーが車両の電子制御に採用する

CANやLINなどの多重通信プロトコルに関する高度で専門的なノウハウが必須です。

また、商品自体の仕組みや機能に関するアルゴリズムなどを深く理解していないと

アフターフォローはもちろん、取付すら正常にできない場合もあります。

AUTHOR ALARMの正規取扱店リストに載っていないショップは論外ですが

リストに載っているショップでも、取付実績が少ないorゼロだったり、

一部の車種にしか取付したことがないショップなども要注意です。

そういったショップに取付を依頼して、後でバッテリーが上がってしまった

夜中に車が動かなくなったり、という声も当社には時々寄せられます。

営業時間外ならショップも連絡がつかないのでレッカーするしかありません。

国内流通し始めて数年経ち、AUTHOR ALARMの知名度は上がってきましたが

自動車のデジタル制御やそれに付随するプログラムも日々進化しています。

はっきり言って、日々勉強していない人間が便乗できるほど簡単ではないです。

中途半端な知識や技術のままAUTHOR商品に手を出して、正常に動作させられず

正しく理解しないまま批評しているショップも実際に多数あります。

お客様目線だと、取付するショップ選びの基準は難しいとは思いますが

”確かなノウハウと実績を持つ正規取扱店”での取付を強くオススメします。

 

 

◆主な適合車種◆

トヨタ&レクサス

200系ハイエース、20&30系アルファード・ヴェルファイア、

C-HR、120系ハイラックス、、50系エスティマ、60系ハリアー、

ランドクルーザー200、ランドクルーザー300、プラド150、

グランエース、50系RAV4、カムリ、170カローラ、

40系プリウスα、タコマ、シエナ、タンドラ、

レクサスLX、NX、RX、UX、LS、IS、ESなど

 

日産&インフィニティ

32エクストレイル、Q50、Q60、Q70、QX50、QX80など

 

ホンダ&アキュラ

アコード、CR-V

 

マツダ

マツダ3、CX-5、CX-7、CX-8、CX-9

 

三菱

イクリプスクロス、アウトランダー、パジェロスポーツ

 

↓↓輸入車はこちら↓↓

 importCAR.jpg

 

詳しい適合車種はお気軽にお問い合わせください♪

 

 

CANインベーダー.png

 

トヨタレクサス専用.jpg

 

問い合わせバナー.png