最先端の盗難手口‼

 

htfnyur.png

 

まず、なぜスマートキー車両が狙われるのかという話ですが

一番の理由はスマートキーの便利さにあります。

スマートキーは持ってるだけでOKなのでとっても便利なのですが

それと同じ状態を再現すれば簡単に無傷で盗めてしまいます。

消費者は便利さを求めますし、メーカーはコストにも縛られているので

純正でオンリーワンな盗難防止システムは不可能なのです。

話題になっている新型ランドクルーザー300等の指紋認証機能も

それなりの機器を持つ窃盗犯からすればほぼ無意味です。

ということで最先端の盗難手口について、ざっくり説明してみます。

ちょっと長いですが、重要なお話なのでお許しを!!

 

 

①リレーアタック(Relay Attack)

2015年頃から国内外で多く発生し、メディアでも取り上げられました。

リレーアタックは、スマートキーが発している微弱電波をキャッチ

その電波を増幅して車両まで飛ばすことによって開錠・始動します。

玄関先に置かれているキーや、時にはキーを持つオーナー様に近づいて

スマートキーの本来の通信距離をはるかに超える距離を飛ばすために

複数人で車両がある場所まで電波をリレーして盗んでいます。

勘違いされがちですが、アンロック信号などを送っているわけではなく、

スマートキーを持って車両の近くにいる状態を疑似的に再現するので

スマートエントリーやコンフォートアクセス、パッシブエントリーなどの

ドアハンドル操作でのアンロックPUSHスタートで盗んでいきます。

当然ながら純正アラームや純正イモビライザは何の意味もありません。

この手口で盗むにはスマートキー電波に接近する事が必須なので

対策として最近のスマートキーにはスリープ機能(手動or自動)がありますし

缶や電波遮断ポーチなどにキーを入れることで100%防げます。

またAUTHOR ALARMのKEYLESS BLOCKでも根本的に防ぐことができます。

対策意識も進んでいますしスマートキーに接近することが必須なので

近年では徐々に主流ではなくなってきています。

 

 

②コードグラバー/コードグラビング(Code Grabber)

主にトヨタ系で使用されるコードグラバー(コードグラビング)は、

オーナー様がロック/アンロックする時の電波IDを専用機器でキャッチし

そのIDをコピーした上で、のちに未登録のスマートキーを持参して

その場でイモビ等も登録してスマートキーを複製して盗む手口です。

この専用機器は2~3km離れていても電波IDを読み取る事ができるようです。

なぜ部外者がスマートキーを複製(登録)できるのか、という話ですが

これはキー紛失時に整備業者などが行う緊急用の対応策として

元々用意されているエマージェンシー機能を悪用されているのです。

その場に持ち主のスマートキーがなくても自走で盗めてしまいますが

AUTHOR ALARMのIGLAならトヨタ/レクサスなど一部車種は

デジタル制御により不正なキー複製を根本的に不可能にしてくれます。

 

 

③キャンインベーダー(CAN Invader)

これはメディアでも大々的に取り上げられた今一番主流な手口です。

トヨタ/レクサスを中心に被害が急増しているこのCANインベーダーは

施錠された車両の車室外(エンジンルームやフェンダー/バンパー内など)の

車両のデジタル系統(CAN)に配線を接続して直接アクセスすることで

アンロックやエンジン始動の信号を送信して自走で盗んでしまいます。

現代の車両は少なくても2~30個ほどコンピュータ(ECU)を搭載しており

それぞれがCANやLIN、FlexRay等の多重通信で繋がって情報共有しています。

特に高級車のヘッドライトは、ライトAssyにECUが内蔵されているので

当然ヘッドライト裏にはCAN通信の配線が来ています

パワートレインECUがエンジンルームに設置されている車種もあります。

そこにバンパーを少しめくったりしてアクセスしてしまえば

専用タブレット端末などで好きな信号を送信することが可能になります。

エンジン始動に関しても、ヨーロッパ車はまだ少し対策されていますが

トヨタやレクサスなど国産車の多くは純正イモビライザの管理について

セキュリティ面でかなり不安要素のあるシステムになっています。

ただし当社イチオシのAUTHOR ALARMのKEYLESS BLOCK

トヨタ/レクサスに関しては新たにCANインベーダー対応になったので

従来のリレーアタックだけでなくCANインベーダーでも侵入されません

 

 

盗難の恐怖は身近に…‼

国産車でも輸入車でも、自宅でも出先でも、かなりの数が盗まれています。

基本的にこれらの専用機器を持っているのはプロの窃盗犯ですが、

キープログラマーやイモビカッターは某ショッピングサイトで買えますし

リレーアタックやコードグラバーの機器もEbayで普通に買えます。

CANインベーダー機器も海外サイトで売られていたり

犯罪組織間で2~300万で取引されているのも判明しています。

なろうと思えば誰でもプロ仕様の窃盗犯になれる時代になっています‼

そして上記①~③で共通するのは「自走で盗む」ということ。

盗難車や盗難ナンバーで走っていても照会されなければバレませんし

堂々としていれば自走が一番バレにくい無傷で、しかも早いのです。

プロに狙われやすい車種は特に、早急な対策が必要です‼

 

 

最先端の盗難対策はFIVE WIREで!!

完璧な盗難対策として当社が推奨するAUTHOR ALARM商品は、

不可能とされていた車両のデジタル制御が可能になります。

リレーアタックやコードグラバー、CANインベーダー等されても、

オーナー様は便利なままで、自走で盗まれる心配はなくなります

IGLA及びKEYLESS BLOCKなどフルオプションでインストールすれば

トヨタ/レクサスに関しては現在判明している手口では侵入もされません

しかも面倒な操作は一切不要で、便利なまま愛車を守ることができます。

ただしこれらには警報サイレン等のいわゆるセキュリティ機能はないので

イタズラや車上荒らし対策も考えるなら、Grgoとの併用も効果的ですし、

AUTHOR ALARMの新商品IGLA ALARMならすべて良いとこ取りできます!

不可能と思われていた高度な防犯性能と利便性の両立が可能になります!!

上記を踏まえてこちらをチェック!!

 

 

 

Grgo、AUTHORともに、機能や価格など詳しくは下記リンクで!!

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

 

トヨタレクサス専用.jpg

 

importCAR.jpg

 

問い合わせバナー.png