リレーアタック&コードグラビング対策

リレーアタックコードグラビング.jpg

スマートキー車両が狙われています!!

各メディアで話題のリレーアタックという自動車窃盗の手口は

スマートキーを持って車両の近くにいる状態を疑似的に再現するので

純正アラームや純正イモビライザは、残念ながら何の意味もありません。

また、この対策として最近のスマートキーは「スリープ機能」があり

缶に入れなくてもキーの微弱電波を遮断することができますが、

近年増えてきているコードグラビングという新たな窃盗方法では

スマートキーではなく車両側が発している電波を読み取って

その場でスマートキーを複製し、自走で盗まれてしまいます...

 

社外セキュリティがあっても盗まれる?!

リモコン付きの社外セキュリティのイモビライザ機能があれば

そのセキュリティを解除しない限りエンジンを始動できません。

しかし実は、車種によりますがこのイモビを突破する方法もあり、

実際にセキュリティ付き車両が自走で盗まれる事例もあります。

このご時世、説明書通りにセキュリティを付けても車は守れません。

車を守る側の人間が、どこまで知っているかがすべてなのです。

 

完璧なリレーアタック対策は当社で!!

当社が完璧なリレーアタック対策・コードグラビング対策として推奨する

AUTHOR商品は、不可能とされていた車両のデジタル制御が可能になります。

例えば、AUTHORのデジタルイモビライザIGLA2をインストールすれば

リレーアタックやコードグラビング、イモビカッター等を使用されても、

極論スマートキーを奪われても、自走で盗まれることは絶対にありません

KEYLESS BLOCKを取付すれば、リレーアタックでもドアすら開きません。

このAUTHOR商品には警報サイレン等のセキュリティ機能はないので

イタズラや車上荒らし対策も考えるなら、Grgoとの併用がオススメです。

併用するなら、スマートキー連動モデルのGrgoを選んでも安心なので

リモコンも増えませんし、今まで通りのドアロック操作でOKです。

不可能と思われていた高度な防犯性能と利便性の両立が可能になります!!

 

Grgo、AUTHORともに、機能や価格など詳しくは下記リンクで!!

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

※AUTHOR社の商品は完全なデジタルデバイスなので適合車種があります。

 トヨタ・レクサスなど日本で盗難率の高い車種は大体カバーしていますが

 念のため事前に当社まで適合確認をお願いいたします。 

 もちろん輸入車にも幅広く対応しています。

 

トヨタレクサス専用.jpg

 

importCAR.jpg

 

link.png