純正アラームシステムについて‼

idx_item_img05.jpg

 

そもそも純正アラームとは? 

勘違いされがちですが、純正アラームと純正イモビライザは

仕様も目的もまったく異なる自動車盗難防止装置です。

純正アラームは、警戒中にドアをこじ開けるとホーンが鳴るなど

車に侵入されたりイタズラされたりすると効果を発揮します。

これは車種によっては標準装備ですが基本的にはオプションです。

社外品より精度や機能は劣りますが、定番のショックセンサーや

傾斜センサー、車内の超音波センサーが付く場合もあります。

ほとんどは大音量ホーンで警報しますが、この大音量ホーンは

普段使うクラクションとは別で装備されていることが多いです。

お気づきの方も多いと思いますが、アフターパーツでこれを行うのが

Grgoなどのいわゆる「社外セキュリティ」商品です。

 

純正イモビライザとは?

純正イモビライザは、エンジンをかけるときに車両ECUが電子的に

キーを照合して、照合されない場合はエンジンを始動させない機能です。

これは廉価グレードじゃない限りは近年の車はほとんど標準装備です。

ちなみに欧米ではすべての車両に装備が義務付けられています。

このイモビライザは、エンジンを不正に始動させないのが目的なので

純正イモビライザが装備されていたとしても、純正アラームが無ければ

車上荒らしやイタズラには残念ながら何の効果もありません。

これに該当するのがAUTHOR IGLA2などの「社外イモビライザ」です。

 

純正アラーム等があれば本当に安全?

我々セキュリティショップの視点から見れば、上記の両方とも

盗難防止対策としては意味がなく残念ながら抑止力にもなりません

(車上荒らしやイタズラの対策には効果がある場合も多いです)

なぜかというと、「それが純正だから」です。

純正アラームは、純正キーでドアロックすると数分後に警戒開始し

純正キーでアンロックすると警戒解除するようになっています。

近年話題のリレーアタックやコードグラビング(コードグラバー)など、

純正キーを持つオーナー様と同じ状態を再現する窃盗手口では

オーナー様と同じように解除できてしまうので無意味なのです。

これは純正イモビライザも残念ながらまったく同様です。

現代の車は、こういったハイテクな手口でしか盗めませんし

逆に言えば盗まれるとしたらほぼ間違いなくこれらの手口です。

新システムが導入されても、車の生産コストの関係上どうしても

オンリーワンな仕組みではないので、解析されれば突破されます。

自動車メーカー側は、オーナー様の利便性も絶対キープしたいので

それを再現してしまえば簡単に無傷で盗むことができてしまいます。

だからこそ、アフターパーツで愛車を守るしかないのです‼

 

不便こそが一番の防犯対策ですが…

ドアノブを触ればアンロックされ、ボタンを押せばエンジンがかかるので

キーを毎回取り出す必要がなく、最近の車はとても便利になりましたが

その便利さがアダになり、未だに毎年1万台以上の車が盗まれています

例えば毎回Grgoのリモコンで開け閉めすることをもし許容できるなら

Grgoが突破されることはないのでそのシステムが一番最強ではあります。

(Grgoを付けるショップの腕次第では突破されることもありますが…)

ですがせっかくのスマートキーの利便性を犠牲にしたくない方も多いハズ。

そんな方は、たとえばリモコン無しのスマートキー連動Grgoセキュリティ

AUTHORのイモビライザIGLA2を追加すれば、盗まれることはなくなります。

特別な操作は一切不要なので、当社でもこの組み合わせが断トツで多いです‼

イモビライザとは少し違いますがAUTHORのKEYLESS BLOCKも追加すれば

リレーアタックされてもドアすら開けさせないようにもできます。

最先端の手口には、最先端のセキュリティシステムで立ち向かうことによって

便利さを犠牲にせずに愛車を完璧に守ることができるんです‼

 

 

ざっくり簡単なアドバイスなので参考になれば幸いです。

もっと詳しく聞きたい方はお気軽にお問い合わせください‼

 

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

 

importCAR.jpg

 

問い合わせバナー.png