セキュリティの選び方‼

 

当社の取り扱いセキュリティ商品は、ユピテルGrgoをはじめ

AUTHOR ALARM(オーサーアラーム)VIPERなどですが、

世の中にはPantheraやCLIFFORD、VISION、SATURNなどなど

カーセキュリティ&イモビライザ商品は山ほどあります。

もちろん当社では、山ほどあるセキュリティの中から信頼度の高い

自信を持ってオススメできる商品をチョイスして取り扱いしています。

そこで、情報過多のネット上でここに辿り着いたお客様のために

プロ目線でセキュリティ選びの簡単なアドバイスをさせて頂きます‼

 

セキュリティを付ける目的を決めましょう‼ 

なぜセキュリティを付けたいのか、何の対策をしたいのかによって

選ぶ商品は変わってきますし、結局ここですべて決まります。

愛車が国産車か輸入車(外車)か、などは基本的には関係ありません。

もちろん輸入車のセキュリティ取付は難易度が高く断られがちですが

当社のように輸入車に対応できるショップを選べばいいだけの話です。

 

①リレーアタック&コードグラバー対策

もはや説明不要なぐらいメディアでも話題の最先端手口ですが

これをするための専用機器を持ってるということは相手はプロです。

当然キープログラマーやイモビカッターなども持っているでしょう。

ちなみにコードグラバやCANインベーダーでは数分かかるようですが

リレーアタックなら持ち主と同じように一瞬で盗めてしまいます。

これに完璧に対抗できるのが、これまた話題のAUTHOR ALARMです。

デジタル制御で部外者に自走させないようにするIGLAなら

どんな手を使われても問答無用で動けなくすることができます。

そもそも現代のスマートキー車は、リレーアタックやコードグラバー等

デジタルな手口でしか盗むことができないので、目には目を、です‼

 

 

②イタズラや車上荒らし対策

上記のAUTHOR ALARM商品は、セキュリティ(警報器)ではないので

サイレン等もなく、車上荒らしやレッカーでの盗難には対抗できません。

それらの対策なら、コストパフォーマンスとシンプルさを考えると

当社のオススメはPantheraではなく圧倒的にユピテルGrgoです。

住宅が密集する日本の駐車環境に合わせて作られているので

VIPERやCLIFFORD、VISIONなどの他社製ショックセンサーとは

比べ物にならないぐらい誤作動の少ない2段階ショックセンサーですし

マイクロ波センサーやデジタル傾斜センサー(オプション)の精度も段違いです。

そして何より、完全MADE IN JAPAN商品なので信頼性が高いです。

部品供給面でも安心ですし、本体やリモコンも全然壊れません。

もちろん電子機器である以上は絶対壊れないわけではありませんが

せっかく何万も払って取付したのに故障ばっかりでは本末転倒です。

 

 

③アンサーバック音を鳴らしたいだけ

ドアロック時のアンサーバック音を鳴らしたいだけであれば、

VIPERよりも日本製のCraftsmanLOCK音がオススメです。

映画さながらのアンサーバック音を豊富な種類から選べます。

※LOCK音にはセキュリティ機能はないのでご注意ください。

 

 

「盗難対策も車上荒らし対策もしたい」などの場合は

もちろん①と②の併用もオススメです、当社では一番多いメニューです。

ざっくり簡単なアドバイスなので参考になれば幸いです。

もっと詳しく聞きたい方はお気軽にお問い合わせください‼

 

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

 

viper.jpg

 

importCAR.jpg

 

問い合わせバナー.png