セキュリティを導入する目的は?!

 当社の取り扱いセキュリティ商品は、ユピテルGrgo

AUTHOR ALARM(オーサーアラーム)などですが、

世の中にはPantheraやCLIFFORD、VIPER、SATURN等

カーセキュリティやイモビライザ商品は山ほどあります。

そしてショップによって取り扱い商品や方針など違うので

ショップによって言うことがバラバラなことが結構あります。

セキュリティを何も付けていなくても無事な車もありますし

保険のようなものなので、言い出したら予算もキリがなくなり

はっきり言ってカーセキュリティは、調べれば調べるほどに

どれにすればいいかわからなくなると思います。

もちろん当社では、数あるセキュリティの中から信頼度の高い

自信を持ってオススメできる商品だけを取り扱いしていますが

情報過多のインターネット上でここに辿り着いたお客様のために

プロ目線でアドバイスするなら、まず目的を明確にする事です!

 

 

R35 GTRにAUTHOR ALARMイモビライザIGLA!

セキュリティを付ける目的を決めましょう‼ 

なぜセキュリティを付けたいのか、何の対策をしたいのか、で

選ぶ商品は変わってきますし、結局ここですべて決まります。

あとは「不便になってもいいのかどうか」、これも重要です。

愛車を守るにあたって毎日が不便になってもいいのであれば

正直言えば当社じゃなくても守ってくれるショップはあります。

(もちろん最低限のレベルのショップという前提ですが)

当社のコンセプトは「便利なまま愛車をバッチリ守る」なので

そうじゃないショップとは言うことが違うのは当たり前です。

それを踏まえて当社HPを読んで頂ければ幸いです。

 

 

①リレーアタック&CANインベーダー対策

もはや説明不要なぐらいメディアでも話題の最先端手口ですが

今どきの車両はほぼすべて、これらの手口で盗まれています。

そんな専用機器を持っているという時点で相手はプロですが

その完璧な対策とは、これまた話題のAUTHOR ALARMです。

デジタル制御で部外者に自走させないようにするIGLAなら

どんな手を使われても問答無用で動けなくすることができます。

何かされたら音が鳴る、などの商品とは根本的に違って

「不可能にする」を実現できるのがAUTHOR ALARMです。

リレーアタックやCANインベーダーなど年々巧妙化している

最先端の盗難手口には、最先端の商品で対抗できます!

 

 

②イタズラや車上荒らし対策

上記のAUTHOR ALARM商品は、アラーム(警報器)ではないので

警報機能はなく、車上荒らしやイタズラの対策にはなりません。

それらの対策なら、コストパフォーマンス等を総合的に考えると

当社のオススメはPantheraではなく圧倒的にユピテルGrgoです。

住宅が密集する日本の駐車環境に合わせて作られているので

VIPERやCLIFFORDなどの海外製のショックセンサーとは

比べ物にならない誤作動の少ない2段階ショックセンサー

マイクロ波センサーや傾斜センサーの精度も段違いです。

そして何より、完全MADE IN JAPANなので信頼性が高いです。

部品供給面でも安心ですし、本体やリモコンもほぼ壊れません。

ただし、アナログ制御のセキュリティには限界があるので

同時に盗難対策もご希望であればIGLAとの組み合わせが必須です。

 

 

③アンサーバック音を鳴らしたいだけ

ドアロック時のアンサーバック音を鳴らしたいだけであれば、

VIPERよりも日本製のCraftsmanLOCK音がオススメです。

映画さながらのアンサーバック音を豊富な種類から選べます。

※LOCK音にはセキュリティ機能はないのでご注意ください。

 

 

ざっくり簡単なアドバイスなので参考になれば幸いです。

もっと詳しく聞きたい方はお気軽にお問い合わせください‼

 

NEWバナーGrgo.jpg

 

secutiry-catch.jpg

 

importCAR.jpg

 

問い合わせバナー.png